未 初心者の人は調理器具はどの程度揃えてからスタートするのが良い?

結論としては、調理器具は必要最低限の数から始めた方が良いです。

具体的には、鍋2つ・フライパン1つくらいでも充分なくらいです。

 

「何かはじめる時にはまず形から入りたい!だからまずは調理器具を揃えきってから料理を始めよう!」という方もいらっしゃるかと思いますが、お料理においてはあまりそれはおすすめしません。

理由としては2つあります。

 

1つ目の理由は、ものが少ない方が片付けやすいからです。

お料理初心者の頃は特に、あれもこれも使って、あれもこれも洗って片付けなきゃいけないという状態より、必要最低限のものだけをとりあえずキレイに保つようにすればOK!という方が精神的に絶対ラクです。

むやみやたらに調理器具が多いと、どんどん出してどんどん使って、片付けが増えるという状態になりがちです。

それよりは、「全部使ったとしても片付けの労力はたかが知れている」というくらいの数に収める方が良いです!

 

2つ目の理由としては、お料理初心者の段階では、そもそも自分にどの調理器具が合っているのか分からないからです。

例えば、片手の鍋がいいか、両手の鍋がいいか、直径はどれくらいがいいかなどは、人それぞれ好き嫌いや向き不向きがあるものですが、初心者の方にはその判断が出来ないです。

 

また、調理器具の重さや長さなども大事です。

一見関係ないように思われるかもしれませんが、年齢、身長、腕の長さなどによって、合う調理器具は変わってきます。そして、自分に合わない調理器具を使うことは確実にストレスになり、料理がおっくうになる要因にもなります。

あくまで、実際の調理をやっていく上で「こっちの方が自分には合っているな」と少しずつ分かってくるものなので、その時々に少しずつ買い揃えていくのがベターです。

 

もし、そうせずに全部を一気に買い揃えてスタートした場合、悪夢の「全買い替え」をしなければいけない可能性も大いにあります!

 

・自分に合うものの基準があった方が良いのでは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です